お知らせNEWS

給与計算実務能力検定1級試験の合格基準および出題形式が変更になります

2015.06.12(金曜日)

給与計算実務能力検定試験の1級試験について、2015年11月29日(日)試験から合格基準が下記のとおり変更になります。

<1級の合格基準>

【前回試験まで】

出題問題のうち、7割以上の得点獲得を合格基準点とする。

【2015年11月29日試験より】

出題問題のうち、7割以上の得点獲得を合格基準点とし、

かつ計算問題を6割以上正解していることを合格基準とします。

また、あわせて問題の解答形式についても、2015年11月29日(日)試験から1級は計算問題が記述式となります。

<1級の出題形式>

【前回試験まで】

出題数:全40問

出題形式:知識問題30問(四肢択一、マークシート方式)

計算問題10問(四肢択一、マークシート方式)

点数配分:知識問題1問2点(計60点)、計算問題1問4点(計40点)

【2015年11月29日試験より】

出題数:全40問

出題形式:知識問題30問(四肢択一、マークシート方式)

計算問題10問(記述式)

点数配分:知識問題1問2点(計60点)、計算問題1問4点(計40点)

なお、2級の合格基準・出題形式につきましては、従来どおりですので、変更はございません。

<2級の合格基準>

出題問題のうち、7割以上の得点獲得を合格基準点とする。

<2級の出題形式>

出題数:全40問

出題形式:知識問題35問(四肢択一、マークシート方式)

計算問題 5問(四肢択一、マークシート方式)

点数配分:知識問題1問2点(計70点)、計算問題1問6点(計30点)

詳しくはこちらをご覧ください。

財団法人職業技能振興会サイト