給与計算実務能力検定試験を運営する一般社団法人実務能力開発支援協会の公式サイトです。給与計算実務能力検定試験公式対策講座について案内しています。給与計算実務能力検定試験は、企業・組織に不可欠な給与計算業務について、その知識・遂行能力を判定し、実務能力への確かな評価を与える検定試験で、厚生労働省認可の財団法人職業技能振興会が認定する公的資格です。

講座についてのお問い合わせ
給与計算検定とは?
受験するには
受験のメリット
教材/対策講座
協会概要
給与計算とは
給与計算実務能力検定 合格者の声
初めての方のための給与計算入門講座
講座について
財団法人 職業技能振興会
マザーズキャリア支援センター

受験するには

給与計算実務能力検定試験概要

どんな会社や団体でも給与計算は行われています。
給与計算業務を正しく行うには、社会保険の仕組みや労働法令、所得税・住民税等の税法等に関する幅広い正確な知識が必要不可欠となります。

本検定試験は、企業・団体の総務・人事・経理などの管理部門で求められる給与計算業務に対する知識・実務遂行力の明確な評価尺度として、その実務能力を測るための検定試験です。検定試験および試験対策の学習を通して、受験者が給与計算業務に携わるのに必要な正しい知識と実際の業務面での実務能力を身に着ける学びの場とするために創設された公的資格です。そして、個人の給与計算の実務能力に対して適正な認定を行い、採用の際の評価基準の一つとして、スムーズな就労を促します。
 
第6回 給与計算実務能力検定試験(2級) 概要
試験日時 2016年10月30日(日) 10:00~12:00
出願期間 出願書類到着締切:2016年9月12日(月)
試験開催地 札幌、仙台、宇都宮、埼玉、東京、静岡、新潟、金沢、名古屋、大阪、岡山、広島、福岡、大分、熊本、鹿児島、沖縄
受験料 2級:8,000円 (税込)
受験資格 特になし
出題科目 ①給与計算の基本的な仕組みの理解
②給与計算に関連する、労働基準法や労働契約法などの労務コンプライアンスに関する知識
③給与計算に付随する各種手続きの基本
④社会保険関係の基本的な給付
⑤給与計算に最低限必要な割増賃金などの計算方法
⑥実例に基づく基本的な給与計算の計算問題 
など
試験形態
出題問題数:40問
出題形式:知識問題35問(四肢択一、マークシート方式)、
     計算問題 5問(四肢択一、マークシート方式)
点数配分:知識問題1問2点(計70点)、計算問題1問6点(計30点)
※試験時には、計算問題用に下記のような「資料集」を配布致します。
合格基準 出題問題のうち、7割以上の得点獲得を合格基準点とします。
受験申込み 財団法人職業技能振興会よりお申込みください。
 
 
第3回 給与計算実務能力検定試験(1級) 概要
試験日時 2016年10月30日(日) 14:00~16:00
出願期間 出願書類到着締切:2016年9月12日(月)
試験開催地 調整中
受験料 1級:10,000円  
受験資格 特になし
出題科目 ①給与計算に関連する、労働基準法や労働契約法などの労務コンプライアンスに関する知識
②賃金、労働時間等に関する法令の基本と応用
③給与計算に付随する各種手続きの基本と応用
④社会保険関係の重要な手続き
⑤実例に基づく応用的な給与計算の計算問題
⑥年末調整についての知識
⑦実例に基づく年末調整の計算問題
など
試験形態
出題問題数:40問
出題形式:知識問題30問(四肢択一、マークシート方式)、
     計算問題10問(記述式)
点数配分:知識問題1問2点(計60点)、計算問題1問4点(計40点)
※試験時には、計算問題用に下記のような「資料集」を配布致します。
合格基準
出題問題のうち、7割以上の得点獲得を合格基準点とし、
かつ計算問題を6割以上正解していることを合格基準とします。
受験申込み 財団法人職業技能振興会よりお申込みください。
 

検定試験を受けるには (財団法人 職業技能振興会)

STEP 1 検定試験受験申込み
給与計算実務に対する公的な認定を行う本検定試験は、厚生労働省認可の(財)職業技能振興会の主催する検定試験です。
受験のお申込み手続きは (財)職業技能振興会のサイトから表記に従って行ってください。

STEP 2 受験票の到着
受験票がお手元に届きます。受験票の記載内容に相違がないかご確認ください。
お手元に届かない場合は、恐れ入りますが、(財)職業技能振興会までお問い合わせください。
TEL. 03-3353-9181
STEP 3 受験日当日
受験票・筆記用具・電卓をお持ちの上、指定の会場へお越しください。
STEP 4 合否発表
試験の合否発表
  試験実施より1か月以内に、(財)職業技能振興会より合否通知を郵送します。
  合格者の認定登録には別途2,000円が必要となります。
   ※登録がない場合、資格認定・認定書発行は致しませんのでご注意ください。

試験の学習方法

給与計算実務能力検定試験には、学習用の公式テキストがあります。
こちらは一般の書店でもお求めいただけます。

また、当協会が実施する試験対策講座や、学習用のDVDなどの教材もあります。