給与計算実務能力検定試験を運営する一般社団法人実務能力開発支援協会の公式サイトです。給与計算実務能力検定試験公式対策講座について案内しています。給与計算実務能力検定試験は、企業・組織に不可欠な給与計算業務について、その知識・遂行能力を判定し、実務能力への確かな評価を与える検定試験で、厚生労働省認可の財団法人職業技能振興会が認定する公的資格です。

講座についてのお問い合わせ
給与計算検定とは?
受験するには
受験のメリット
教材/対策講座
協会概要
給与計算とは
給与計算実務能力検定 合格者の声
初めての方のための給与計算入門講座
講座について
財団法人 職業技能振興会
マザーズキャリア支援センター

給与計算実務能力検定試験

給与計算の仕組みを正しく学ぼう! 給与計算実務能力検定試験

給与計算実務能力検定試験は、企業・組織に不可欠な給与計算業務について、その知識・遂行能力を判定し、実務能力への確かな評価を与える検定試験で、厚生労働省認可の財団法人職業技能振興会が認定する公的資格です。


どんな会社や団体でも給与計算は行われています。
給与計算業務を正しく行うには、社会保険の仕組みや労働法令、所得税・住民税等の税法等に関する幅広い正確な知識が必要不可欠となります。
本検定試験は、企業・団体の総務・人事・経理などの管理部門で求められる給与計算業務に対する知識・実務遂行力の明確な評価尺度として、その実務能力を測るための検定試験です。
検定試験および試験対策の学習を通して、受験者が給与計算業務に携わるのに必要な正しい知識と実際の業務面での実務能力を身に着ける学びの場とするために創設されたものです。
そして、個人の給与計算の実務能力に対して適正な認定を行い、採用の際の評価基準の一つとして、スムーズな就労を促します。

受験概要と試験区分

給与計算実務能力検定試験 概要
試験区分 2級 / 1級
試験実施 年2回 (2級:3月、11月実施 / 1級:11月のみ実施)
試験会場 東京、大阪、その他主要都市
受験料 【2級】:8,000円  【1級】:10,000円
受験資格 特になし(どなたでも受験できます)
出題科目 ①給与計算業務に必要な基礎知識
②給与計算実務に必要な法的知識(労働基準法等)
③演習問題(実際の給与計算)
持ち物 受験票、筆記用具、電卓
試験形態
【2級】
出題問題数:40問 / 試験時間:120分
出題形式:知識問題35問(四肢択一、マークシート方式)、
     計算問題 5問(四肢択一、マークシート方式)
点数配分:知識問題1問2点(計70点)、計算問題1問6点(計30点)
※試験時には、計算問題用に下記のような「資料集」を配布致します。
試験形態
【1級】
出題問題数:40問 / 試験時間:120分
出題形式:知識問題30問(四肢択一、マークシート方式)、
     計算問題10問(記述式)
点数配分:知識問題1問2点(計60点)、計算問題1問4点(計40点)
※試験時には、計算問題用に下記のような「資料集」を配布致します。
合格基準
【2級】:出題問題のうち、7割以上の得点獲得を合格基準点とします。
【1級】:出題問題のうち、7割以上の得点獲得を合格基準点とし、
     かつ計算問題を6割以上正解していることを合格基準とします。
合格率
2014年11月9日試験 【2級】:70.74%(受験者704名中、498名合格)
               【1級】:65.52%(受験者613名中、401名合格)
2015年3月22日試験 【2級】:66.57%(受験者661名中、440名合格)
2015年11月29日試験 【2級】:63.87%(受験者703名中、449名合格)
               【1級】:69.52%(受験者643名中、447名合格)
2016年3月21日試験 【2級】:60.40%(受験者755名中、456名合格)
受験申込み 財団法人職業技能振興会よりお申込みください。
※試験日・試験開催地は各回によって異なります。受験時の受験要綱をご確認ください。
級による試験区分
2級
実務上の基礎となる労務コンプライアンスについて正しく理解し、基本的な給与計算の計算を行い、明細を作成できるレベル。一般職員として、通常の月次の給与計算業務と賞与の計算ができる。

1級
労働法令や税務についても正しく理解し、複雑な制度やイレギュラーな給与体系にも対応可能、また年末調整も含め、年間を通じて給与計算に関するすべての業務に精通したレベル。社会保険や税務等付随する手続きを行うことができ、給与計算業務のリーダーとして管理ができる。
更新制度 
更新方法
「給与計算実務能力検定」は、2年毎に更新制度のある資格です。
2年間の認定登録期間の有効期限の3ケ月~6ヶ月前に、資格取得者各位には、 職業技能振興会より、文書で更新のご案内とともに『資格更新申込書』をお送りします。
更新を希望される方は、更新料(5,000円)お振込みの上、『資格更新申込書』に 必要事項を記入し、新認定証作成に使用する写真1枚(3㎝×2.4㎝)とともに職業技能振興会まで送付いただきます。
 
更新内容
・新しい認定証の発行
・給与計算に関わる法改正情報等、給与計算実務に関する最新情報の提供

給与計算実務能力検定試験はこんな方にオススメです

給与計算実務能力検定試験は、特に以下のような方々にオススメです。

給与計算業務担当者
既に業務に従事されている方は、これまでの実務経験に客観的評価を与えることができますので、明確な線引きでの評価がしにくいとされる管理部門の方の実務能力の確かな証明となります。また、事務作業レベルでの理解にとどまっているような方は、業務に法的知識やしくみなどの根拠と深みを持たせスキルアップさせることができますので、キャリアアップや転職にも有利に働きます。法的知識やしくみの正しい理解は、社会保険労務士の資格にもにつながりますので、社労士資格を見据えての第一歩としても最適です。
主婦の方・職場復帰希望女性
給与計算業務には女性が携わることが多いです。実務能力の確かさを証明する尺度として、これまで就労経験のない主婦の方や、出産後の再就職を希望される女性が就労を目指す際に強力な武器となります。
学生
就職活動時の有効な判断材料となります。特に事務系職種を志望する方には強力な武器になります。また、事務系職種志望でなくとも、企業・組織の給与体系の仕組みをしっかりと理解することで、自分のもらう給与が適正なものかどうかもわかるようになります。
社会保険労務士・社会保険労務士受験者・受験を考えている方
給与計算は社会保険労務士資格と密接な関係にあります。社会保険労務士受験を考えている方はその第一歩として、受験者の方は社労士試験の知識をさらなる有効活用につながります。また、社労士の方でも自身の業務体系を一層堅固なものに構築することができます。

給与計算実務能力検定試験のメリット

このような効果が期待できます
  • 人事労務業務の実務のプロとして、就職・転職時の大きな武器になります。
  • 現在の仕事や職場でのキャリアアップにも役立ちます。
  • スキルは全国共通。転勤や結婚・出産後の再就職も安心。
  • 派遣登録などにも、給与ベースアップが望めます。
  • 職場は全国に。どこでも職場が身近にみつけやすく、長く安定して働くことができます。
  • 給与計算業務は求人の多い分野です。
  • 知識が他資格(社会保険労務士等)につながります。
  • 給与明細の中身がわかるので、実生活でも知識が役立ちます。
  • あらゆる業界・業種で求められる給与計算の基本が身に付きます。(2級)
  • 初心者でも合格しやすい資格です。(2級)
  • 履歴書に書いて、給与計算の実務能力を客観的に証明できます。